資格とは − はじめに −

 資格とは、あることを行うためにふさわしい能力や地位・立場、あるいは、そのために必要な条件のことをいいます。

 資格の種類には、国家が法律に基づいて試験等の結果により免許を与える国家資格をはじめとして、行政などが能力を確認する検定試験などの公的資格や、民間の企業や団体が独自の審査基準により与える民間資格などがあります。

国家資格

 国家資格は、国家試験などの試験により、専門的知識と技能を確認され、法律に定められた一定の行為を行うことを許可するものです。試験等の実務については、行政や民間団体が行う場合があります。

 また、国家資格の中には、機械装置などの運転や特定の作業に関する資格のように、特別教育や技能講習を受けることによって、資格が取得できるものもあります。

 国家資格の例としては、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、公認会計士、技術士、電気工事士、管理栄養士、情報処理技術者などがあります。

公的資格

 公的資格は、主に省庁が審査基準を認定し、民間団体や公益法人などにより行われる試験により与えられる資格ですが、国家試験のように一定の行為を行うことを許可するものではなく、検定試験のように一定の実力を認定するものです。

 公的資格の例として、日本漢字能力検定(漢字検定)、実用英語技能検定(英検)、TOEIC、簿記検定などがあります。

民間資格

 民間資格は、民間団体や企業が独自に審査基準を設けて任意で与える資格であり、その社会的評価はさまざまではありますが、デファクトスタンダード(業界標準)になっている民間資格もあります。

 主な民間資格としては、MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)やCCNA(シスコネットワーク技術者認定)などが、パソコンやネットワークにおける業界標準として認められている認定制度です。


資格試験関連記事